◆復刻紙芝居

■復刻「幼稚園紙芝居」シリーズ

2016年7月25日、国書刊行会から『教育紙芝居集成 高橋五山と「幼稚園紙芝居」』が出版されました。

1935年より刊行開始された高橋五山の最初期の紙芝居、「幼稚園紙芝居」シリーズ全30作品を収録。

 

刊行にあたり、三宅興子先生(梅花女子大学名誉教授)、野本茂夫先生(国学院大学教授)から推薦のことばをいただきました。

詳細は国書刊行会のパンフレットに掲載されております。

国書刊行会のホームページはこちら
(パンフレットのダウンロードもできます)

http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336059321/

保育紙芝居の生みの親:高橋五山の紙芝居が復活

高橋五山は、紙芝居に文化財的存在としての価値を作り出そうと情熱を注ぎました。

五山は、1935 (昭和10)年、「幼稚園紙芝居シリーズ」の制作にとりかかります。

紙芝居の歴史の中で最初に出版された「保育紙芝居」として知らるこの「幼稚園紙芝居シリーズ」を、復刻いたしました。

★シリーズ一覧★

第一巻:ベニスズメトウグヒス(初版:1943年)2011・1・10既刊
第二巻:ピーター兎(初版:1938年)2011・1・10既刊
第三巻:なかよしのおうち(初版:1955年)2011・10・10既刊
第四巻:ふしぎの国アリス物語(初版:1937年)2012・2・20既刊
第五巻:あかんぼじいさん(初版:1940年)2013・3月15日既刊
第六巻:おきゃくさま(初版:1950年)2014・3月25日既刊

ご注文はこちらから

 

★作品 PickUp★

第四巻『ふしぎの国アリス物語』

※こちらの商品は、部数が限られております。

画像の説明

『ふしぎの国アリス物語』は、1937(昭和12)年に、高橋五山が「ふしぎの国のアリス」(ルイス・キャロル原作)に脚色を加え、紙芝居に仕立てたものです。「幼稚園紙芝居シリーズ」の第九巻として発行されたものです。日本独自の文化である紙芝居と外国の児童文学が融合した画期的な作品です。復刻紙芝居第4巻は、紙芝居本体(18場面)の他に、作品の解説と原文を別冊付録(A5/32頁)をつけてお届けいたします。

ふしぎの国のアリス

金時計を見ながら、あわてた様子で走っていく兎さん。アリスちゃんも後を追って走り出し、兎の穴の中へ・・・
いったいどうなってしまうのでしょうか?それは見てのおたのしみです。紙芝居のはじまり はじまり!


ふしぎの国のアリス
≪ふしぎの国アリス物語11場面≫
「まあ、どっちへ行ったらよいのかしら」

ふしぎの国のアリス

≪ふしぎの国アリス物語17場面≫・・・美しい広場にでました。そこには、魚のような顔をした人や、蛙のような顔をした人が行儀よくならんでいます。みんな身分のある人でしょう。りっぱな服をきて、胸にキラキラ光る勲章をさげていました。

 

第六巻『おきゃくさま』         

おきゃくさまの説明

幼児の日常の遊びは、数に関係をもつことが多いのです。ですから、せめて五つぐらい迄の数は、観念としてはっきりさせてやれば、お遊びの内容もいっそう豊かになると思います。見たり聞いたり、真似たりすることでずんずん伸びていく、そこが狙いでございます。(高橋五山 1950年)

うさぎの説明

うさぎさんはお部屋をきれいに片付けて、お客様の椅子を並べました。今夜はお茶の会があるのです。「あっ、停電!」まっくらで何にも見えません・・・

子どもたちが、数を楽しく認識していく紙芝居です。8枚が10場面に展開する斬新なアイデアが盛り込まれています。はり絵の作り方も掲載しています。この作品は、国立特別支援教育総合研究所発達障害教育情報センター様より、幼児期から小学校低学年の発達障害のある子どもへの指導に活用できるという意見をいただいております。また、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)様より、海外の子どもたちに勧められるというご意見もいただきました。

斬新で、他にはない様々な使い方ができる紙芝居です。

画像の説明

この作品は、高橋五山が手作り紙芝居を推奨するために考案した、子どもたちと一緒に作れる「はり絵紙芝居」です。1950(昭和25)年に「誰にもつくれるやさしいはり紙画 保育紙芝居」として雑誌『紙芝居』に掲載されました。出版されたものは確認できておりませんが、五山の手作りの原本が「人形劇の図書館」(滋賀県)に所蔵されていることがわかり、ご協力を賜り、出版することができました。
この作品の内容は『児童文学と紙芝居―広介・未明・五山を中心に 』(有明双書 2013年)にも掲載されています。

 

その他の復刻紙芝居シリーズについてのご紹介は、こちらをご覧ください。