高橋五山賞

高橋五山賞とは

高橋五山:出版人、編集者、紙芝居作家
紙芝居活動の業績が顕彰され、1962年「高橋五山賞」が制定されました。
各年度の出版紙芝居から選考された年間優秀作に与えられる紙芝居唯一の賞です。
まずは、1回から10回(1962~1971)までの五山賞作品を紹介します。
1回 「池にうかんだびわ」
作家賞 川崎大治  画家賞 小谷野半二

2回 「つきよとめがね」
脚色賞 堀尾青史  画家賞 遠藤てるよ

3回 「ななみちゃんのえにっき」
画家賞 桜井誠

「とらっくとらすけ」
画家賞 北田卓史

4回 「しごとのにおい」
作家賞 与田準一

「いなむらの火」
画家賞 福田庄助

5回 「しわしわの手」
作家賞 有賀のぶ・川田百合子  画家賞 井口文秀

「宮沢賢治童話名作集」
作家賞 堀尾青史 他  画家賞 滝平二郎 他

6回 「おおきなだいこん」
作家賞 川崎大治  画家賞 鈴木寿雄

7回 「あげはのルン」
作家賞 画家賞 得田之久

「おとうさん」
画家賞 田畑精一

8回 「天人のよめさま」
作家賞 松谷みよ子  画家賞 中尾 彰

9回 「こねこちゃん」
作家賞 堀尾青史   画家賞 安 泰

10回 「どこへいくのかな」
作家賞 堀尾青史

「たべられたやまんば」
画家賞 二俣五郎

 

以降の受賞作は、こちらをご覧ください。

11回~20回 21回~30回  31回~40回  41回~